心理カウンセラー 重要性

MENU

心理カウンセラーは社会的に見ても重要

数年前まで、うつ病は心の病気として一般には浸透していませんでした。
その為、うつ病で働けない人を「怠けている」と誤解する人も多く、
治療方法も今ほど一般的ではありませんでした。

 

今でもその名残があるせいか、心理カウンセラーにかかるということが、
とても重大なことのように認識されています。
しかし、それは大きな誤解です。

 

心理カウンセラーの意義は、心の病を治療することだけではありません。
心の病にかからないように、未然に防ぐことも重要な役割なのです。

 

その為、最近では心理クリニックや病院のホームページなどで、
気軽にカウンセリングに訪れるようにと呼びかけるものも多くあります。

 

心の病気やカウンセリングに対する理解を今後も広めるという点でも、
心理カウンセラーは非常に重要な役割を担っているのです。

 

また、最近では企業などの産業カウンセラーがメンタルケアに加え、
人材育成の面でも注目されています。

 

社員の話を聞き、その能力を伸ばすことで企業にとって
優秀な人材を育成します。このような観点から、

 

最近では企業の人事や労務担当が産業カウンセラーの資格を
取得するケースも多くあります。

 

教育の面でも、心理カウンセラーの重要性は注目されつつあります。

 

過労や児童の親からの非常識な要求にうつ病になる教師が
ここ数年では軒並みに増加しているためです。

 

このように、心理カウンセラーは様々な分野で
その重要性を発揮しています。

 

心の病に対する理解が深まっている現代において、
その重要性は今後も一層高まっていくと言えるでしょう。

 

PR広告 モリタリョウジのアムウェイの仲間たち ゆめいろスタッフ