心理カウンセラー 役割

MENU

心理カウンセラーが担う役割

心の問題に対する正しい理解が深まりつつある現代では、
心理カウンセラーは重要な役割を担っています。

 

しかし、いまだに心理カウンセラーの仕事が
ただの悩み相談のようなものだと考える人もいます。

 

心理カウンセラーの主な仕事は、医療機関や
公的機関などでのカウンセリングです。

 

カウンセリングに対して、一般的にカウンセラーが
患者の悩みや問題を解決してくれると誤解している人も多くいます。

 

しかし、心理カウンセラーの役割は
あくまでも患者が自己解決するための手助けです。

 

決してカウンセラーが問題を発見し、解決方法を提案するわけではありません。

 

患者が自己解決をするためには、自分自身で
その問題に気付く事が必要なんです。

 

カウンセラーはその為の支援をしますが、
自分で気づくにはそれなりの時間を必要とします。

 

その為、カウンセラーは長期間にわたって患者と向き合い、
心のケアをするのです。心理カウンセラーが社会の中で
重要なことの一因として、

 

色々と活動する分野が多岐にわたるという点も挙げられるでしょう。
教育の場では子供だけでなく教師や親のメンタルケアも行います。

 

また、企業などの産業分野においては、仕事の忙しさに追われて
うつ病になった人もいれば、人間関係に悩む人もいます。

 

また、それらうつ病の人が復職する場合にも、大きな手助けとなるのです。

 

心理カウンセラーは精神面だけではなく、脳機能に関する知識を生かして
医学の面からアプローチすることもあります。

 

様々な局面でストレスを受けやすい現代社会において、
本当に心理カウンセラーはなくてはならない存在と言えます。