心理カウンセラー 仕事内容

MENU

心理カウンセラーの仕事内容はどういうもの?

心理カウンセラーとは心に悩みを抱えた人の話を聞き、
解決の糸口を探る手伝いをする仕事ですが、
その主な仕事内容は勤務先によって変わります。

 

病院の精神科・心療内科や心理クリニックなどの場合、
うつ病など心の病を抱えた人たちにカウンセリングを行います。

 

大抵の場合カウンセリングをなども繰り返すことで患者の心を開きます。

 

また、心理テストや心理療法を行うことで
患者の精神的苦痛を減らし、治療にあたる場合もあります。

 

大学病院などでは、精神科医と連携して心理療法を行うこともあります。
ただし、投薬や処方箋といった医療行為はしません。

 

これらの医療行為はあくまでも医師のすることですので、
心理カウンセラーがすることは禁止されているためです。

 

また児童相談所や学校では、子供や教育にかかわる教師、
親の精神的ケアを行います。

 

問題行為を繰り返す児童や不登校の児童のカウンセリングを行ったり、
心理テストや心理療法で心に抱える問題を探ったりします。

 

また、自閉症や発達の遅い児童に悩む親の相談に乗り、
精神的なケアをすることもありますよ!

 

最近では忙しさからうつ病になる教師も増えているため、
それらの治療も行ったりします。

 

企業内で社員のメンタルケアを行うのは産業カウンセラーの仕事です。

 

うつ病を未然に防ぐためにカウンセリングをしたり、
やむを得ず休職した場合に復帰の手助けとなるよう
相談になったりします。

 

カウンセラーとしての経験が培われた後には、
大学などで教育の場に立つ人もいます。