心理カウンセラー 最短ルート

MENU

心理カウンセラーになるまでの道のり

心理カウンセラーを目指す場合、いくつかの方法があります。
まず、心理職の中でも最も有名な認定資格の一つ
臨床心理士を取得する場合、

 

日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院を卒業することが
資格試験を受けるための必須条件となりますね

 

大学院で学び、卒業後臨床心理士試験で合格して
はじめて臨床心理士になれると思ってください。

 

臨床心理士の就職先は病院やクリニック、児童相談所、学校などです。
認定資格の中でも信頼の高い資格ですので、就職先も多岐にわたります。

 

次に、企業などでカウンセリングを行う産業カウンセラーになるには、
日本産業カウンセラー協会が指定する養成講座を修了し、その後・・
産業カウンセラーの資格試験に合格する必要があります。

 

資格取得後は企業などに就職して、晴れて産業カウンセラーとして働くことができます。
心理カウンセラーの中でも、習得するのが非常に難しいと言われるのが行動療法士です。

 

行動療法士は日本行動療法学会に入会し、
研修受講後論文審査に合格することでなれます。

 

ただし、日本行動療法学会への入会審査は非常に厳しく、
より専門的な面での知識が要求されるため、とても難しい資格と言われているのです。

 

行動療法士の資格は6年ごとに更新が必要です。学校での心理ケアを行う学校心理士は、
学校心理士認定運営機構の資格習得が必須ですが、学校などの公的機関で働くには
公務員試験に合格することも必要です。

 

公務員試験は、学校心理士に限らず、公的機関で働く場合にはすべて必要な条件となります。