心理カウンセラー 能力

MENU

心理カウンセラーに求められる能力

心理カウンセラーには大きく三つの能力が求められます。
それは忍耐力、精神力、そしてコミュニケーション力です。

 

カウンセリングは一度で終わるというものではありません。

 

長期間にわたって患者の信頼を得て、少しずつ心を開いてもらうことで
問題解決への手助けをするものです。

 

そのため、長い場合には一人の患者を10年以上見続けることもあります。
そのような場合、心理カウンセラーに求められるのが忍耐力です。

 

中には、カウンセリングに来ても心を開くことができず、
そのまま帰っていく患者も少なくないでしょう。

 

それでも忍耐強く、相手の話を聞き続けることが大切なのです。
また、患者の中には非常に深刻な悩みを抱えてくる人もいます。

 

それらの悩みに感情移入しないだけの、強い精神力も
心理カウンセラーには大切です。心理カウンセラーに求められる能力でも、
もっとも大切なのがコミュニケーション力です。

 

殆どの患者は心に大きな傷を抱えてカウンセリングにやってきます。
そのような人たちに対し、優しくおおらかに気持ちで接することはとても大切です。

 

ただ中には、患者の選り好みをする心理カウンセラーも少なからずいますが、
本当に良い心理カウンセラーに求められるのは、すべての患者と・・
真摯に真っすぐ向きあうことです。

 

その為、心理カウンセラーにはコミュニケーション力が
とても重要なのです。

 

これらの能力は資格を習得するだけでは身につきません。
自分自身の知識と経験を通して培われていくものです。

 

晴れて心理カウンセラーになった後も、常に成長し続けることが大切です。