心理カウンセラー 向き 不向き

MENU

心理カウンセラーには向き・不向きがあるのか?

心理カウンセラーには様々な資格がありますが、
その主な仕事はカウンセリングを通して、
相手の抱える問題を解決するための手助けをすることです。

 

人を相手にする仕事ですので、向き不向きがとてもはっきりしています。

 

まず、何より大切なのが相手に共感し、優しい心で接することです。
患者が心を開き安心して話をするには、おおらかな気持ちでいることが大切です。

 

人の相談に乗るのが好き、または人からよく相談を受ける人に向いています。

 

逆に短気ですぐ感情的になって、心任せの言葉を掛けてしまう人には
あまり向かないでしょう。ただし、患者の中には非常に深刻な悩みを
抱えている人も少なくありません。

 

いくら悩み相談を受けるのが好きだと言っても、
相手の問題をすぐに自己投影して感情移入してしまうことは、
カウンセリングにおいてはとても危険です。

 

カウンセラー自身が悩みを抱えてしまっていては、
元も子もありません。

 

小さなことに悩んでしまったり、すぐに感情移入したりしてしまう人は、
心理カウンセラーとしてはあまり向いていません。

 

少しのことには動じず、いつもどっしりと構えていられる人の方が
実際は心理カウンセラーに向いていると言えます。

 

カウンセリングを円滑に進めるためには、カウンセラー自身が
自己分析をしっかりと行い、患者から信頼されることも欠かせません。

 

その為に、心理カウンセラーを目指す人には有言実行で
常に常に真摯な態度でいることが求められます。

 

これらの資質は、資格を保有していたり、
心理学を勉強したりしているだけでは身につきません。

 

もともとの性格も大きく影響しますが、もし心理カウンセラーを目指すのであれば、
これらの事を意識して行動するようにしましょう。