心理カウンセラー ニーズ

MENU

心理カウンセラーのニーズ

心の問題解決のために、カウンセリングや
心理療法を通して助言や手助けをする心理カウンセラー。

 

特にストレスが多く、うつ病などの心の病気が
注目されている現代では、そのニーズも高まっています。

 

心理カウンセラーにかかる患者は多岐にわたります。
前述のうつ病から家庭内暴力やアルコール依存症、認知症、不登校などです。

 

これらの症状は、これまで一般にあまり正しく
理解されてこなかった病気です。

 

しかし臨床心理学が発達した現代では正しい理解も広まり、
それに伴って心理カウンセラーにも注目が集まるようになりました。

 

心理カウンセラーは主に病院の精神科や心療内科、
大学や企業のカウンセリングルーム、児童相談所などで働いています。
医師不足が叫ばれている昨今、それは心理カウンセラーも例外ではありません。

 

特に臨床心理士の資格はその信頼性も高く、心理カウンセラー求人での
必須条件としてあげられるほどなので、今後もニーズが増加する傾向にあります。

 

また最近では、過労によってうつ病にかかりそのまま自殺・・
という深刻な問題が多く取り上げられています。

 

この問題を解決するため、積極的にカウンセリングルームを設置し
産業医などによるカウンセリングを勧めている企業も増えています。

 

ストレス問題が深刻になっている現代社会において、
心理カウンセラーの存在は非常に大きいです。

 

心の病気が注目されきちんと理解され始めたことで、
今後もこのニーズは更に高まっていくと思いますね